2017年1月14日(土)はにわ倶楽部 里山部、活動開始は「柚子づくし」手作り企画でした。

ご参加いただいた、窪田浩樹さんの体験レポート(facebook記事)を、ご本人の許可をいただいて転載します。

完璧すぎる~! 窪田さん、本当にありがとうございます。


【ゆべし作り体験】【家庭料理の素晴らしさを実感】

大好きな柚子!
柚子を使った保存食「ゆべし」なるモノの調理体験に行って来ました( ^o^)ノ

場所は、埼玉県越生町の山口農園です!(^□^)
山口農園のモノなので、もちろん無農薬の柚子!!

 

体験と同時に楽しみしていた、昼食も最高でした\(^_^)/
・薪で焚いた「お赤飯」

・無農薬の「自然薯」
・由美さん自家製の「たくあん」
・「ごぼうの叩き煮」作りでは、あく抜き不要の調理方を教わりました!
・ちょっとの塩と醤油で味付けした「野菜の重ね煮」

全て野菜だけの食事!

でもご飯がススムおかずばかり!
日本の家庭料理の素晴らしさを実感しました\(^_^)/

「ゆべし」には柚子の皮部分だけ使いますが、

残る果実の部分は、ジャムに!

https://www.facebook.com/100007237960101/videos/1799935150257733/


そして、種の部分は、ゆず醤油に!
と種までも捨てることなく、柚子を丸ごと使い倒しました\(^_^)/

いままで柚子は、お風呂に入れるか、果皮の部分しか価値がないモノと思っていましたが、本当にもったいない事をしていたんだなぁと反省しました。

『ゆべし』とは、柚子を使った保存食だそうです。


作り方は、
まず、ゆずの上部分をカット、そして果実の部分をくり抜きます。
くり抜いた部分に、辛味噌を詰めて、カットした部分でフタをして、蒸し器に入れて約50分。
冷めたらキッチンペーパーで包んで、紐で結びます。

あとは、雨に当たらないようにして日陰で2ヶ月干すと完成だそうです。
干し終わったら、ラップに包み冷蔵庫に入れておけば1年間問題無く食べられるとの事。まさに保存食!!

完成が楽しみです。

由美さん、はにわさん、細貝さん。


素晴らしい時を過ごさせて頂きました!
本当にありがとうございました(^_^)