人生を100倍楽しくする!はにわきみこです。

私の人生、来しかたを語ってみようかと思います。よかったらお付き合いくださいませ。


●跳ね馬、じゃじゃ馬、丙午

 

誕生日は、1966年(昭和41年)9月19日。

嵐の晩に、小岩の病院で生まれました。

父は信濃の山で育ち、東京に出てきて就職し、お見合いをして、母と結婚。

生まれて1ヶ月後から、千葉県我孫子市に建った一軒家で父母と暮らし始めました。

今でこそ、常磐線のベッドタウン、駅前に屏風のようなマンションが立ち並ぶ我孫子ですが、当時は、開拓時代の西部劇みたいに、周囲になんにもない土地でした。

幼い頃から、ご近所のおばさん(通称たーちゃーちゃん)の家に入りびたる子どもでした。

母から聞く、きみこの武勇伝?は、

筒に入ったマーブルチョコをオモチャとして与えられたが、自力で開封。口の周りベタベタ事件。

窓からのりだし、顔から墜落。お岩さん事件。

仕事に行く父の後を追いかけて迷子に。線路の上でお巡りさんに保護された事件。

いろいろ、やらかしていたようです。

人見知りせず、窓際におかれたベビーベッドから、近所の人に「誘拐」されている子でした。

40才を越えてから海外でホームステイのご縁をいただいてきましたが、その根元は小さいときからあったのですねー!

 

我孫子の実家は、築50年を経て取り壊し。

同じ場所に小さな二階建てを建てることになりました。母と妹が住む家。完成したら、私も頻繁に我孫子に行きたいと思っています。我孫子のみなさんと、楽しく講座ができたらステキだなー。


はに×はにMEMO

■千葉県 我孫子市
はにわ0~18歳、24~28歳まで住んでいた町。
https://www.city.abiko.chiba.jp/

■マカイバリ・ジャパン
はにわがパッケージに版画を提供。
インドダージリンにある、有機農法マカイバリ茶園の紅茶の、日本唯一の販売代理店。
http://www.makaibari.co.jp/

■マカイバリ茶園の紅茶&はにわ版画

■マカイバリ茶園の紅茶&はにわ版画


その2  女は損なの?そんなのイヤ!

につづく。