預言カフェ、3回目の訪問です。

1回目>松山行きのチケットを手配。
2回目>のんびりすることを自分に許した!物事の優先順位を変えることにした!

という変化が、はにわの中に生まれました。

そして3回目のお言葉は?!


我が愛する娘よ。
私はあなたを愛しています、と主が言われます。

今までひとつひとつ、あきらめないで、よく頑張ってきたと、主が言われます。

人に泣き言はいわないで、大変なことがあっても、大丈夫。
でもそうやって強がっているように見えても、
その言葉はあなたを大いに励ましまた。

もうダメだ、最悪、と思わずに「どうにかなるよ」と
人に言った言葉が、あなた自身がしっかりと立つことにつながってきた。

あなたが優しく、思いやり深いことを、主は喜んでいます。

他の人に親切であること、はもちろん素晴らしいことです。

それ以上に、あなたの家族のために私は奇跡を用意している、と
主が言っています。

どこか遠くで起こる奇跡ではありません。

あなたが心配し、不可能だと思っている、
なくても仕方ない、諦めます、と思っている
欲張らない心、わがままでない心。

あなたは、自分の要求を口にできずに来た。

自分の家族に抱いている願い、自分の願いを、
わがままに私に求めなさい、と主が言われます。

あなたの人生に奇跡があるのをみて、
人が驚く、と主が言われます。

どこか遠くで奇跡があるわけではなく、
それは身近に起こります。

あなたの心が
同じ狭い部屋に押し込められていたとしても
そこにいることの価値を見出さなければ
やっていられない。
そこで働いているとしたら、そこに疑問がある、
もう嫌だと、と思うかもしれないが、
いいところを見つけていく。
家族に対してもそうでしょう。

でも、隠されてしまった希望、不満、
そしてそのことで、
あなたが囚われてしまったところから自由になると、
本当の喜びが戻されます。

この長い何十年の時間も無駄ではない。
あなたが遠回りしたからこそ、真理の上にしっかり立つことができる。

病気をして初めて健康のありがたさがわかるように
無駄な道を歩いたからこそ、見つけられる。

いろころなことをやってみて、
疑問やイライラした時間も過ごしたことで、
それでなお、本当にいくべき場所、あるべき姿ががわかる。

それをあなたはこれから体験するときです。
と主が言われます。

私は、あなたを通して、私の力をあらわします。

私があなたに与える祝福が、驚くべきものなので、
他の人が驚き、怪しむことでしょう。

あなたは、人生を取り戻します。

あなたが決まり事で拘束されていること、
これしていい、これしちゃだめ、ということを
取り除いて、
あなたと喜びが、自由が、どんなにすばらしいか
あなたがそれを享受することで、
あなたとあなたのまわりを変えていきます、
と主が言われます。

あなたのその、カルテに書かれたこと
病状というのは変わっていくけれど
それは、いらなかった、それは間違いでした。
完全に治された。
それは、医者が知らない、今までないケース。

それをあなたは体験していくでしょう、と主が言われます。


それを聞いてはにわは・・
ますます「今、やるべきこと」の選択について、確信を深めたのでした。

まずやるべきことは・・・!!!

報告できるように、進めていきますね。

それにしても、「奇跡が起こる」とは、いったいどんな?!

ワクワクです。行いをただして、奇跡を受け取ります。