こんにちは! 質問家、はにわきみこです。

2018年、マツダミヒロさんの集大成であり、最新刊「質問は人生を変える」では、

ミヒロさんに質問しながら、文章を作るお手伝いをしました。

発売されてたちまち5刷! 多くの人に支持される素晴らしい本になりました。

実は、私の人生がかわったきっかけは、「魔法の質問」の本づくり、だったんです。

それまでは、作家として自分の本を書く、ライターとして雑誌の記事を書く、という仕事をしていました。

Amazonで「はにわきみこ」と検索すると、著作が出てきます。

詳しいお話は、こちらからどうぞ! 登録の翌日から配信がスタートします。

7通のメール物語「ライターから質問家への道」

 

お名前 姓:名:
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

 

魔法の質問と私。

「始まりの始まり」は「しつもん仕事術」(日経BP社)でした。

2012年発売の本なのですが、実は、これが出来上がるまでに6カ月に及ぶ取材をさせてもらっています。

講演や出張で忙しいミヒロさんに変わって、文字をまとめていくために、

東京で行われる講座には、同席させてもらっていたんです。そして、

2017年の「人の心を動かす使える質問」日小田正人・松田充弘著、をまとめるお手伝い、

2018年の「質問は人生を変える」マツダミヒロ著(きずな出版)、のお仕事につながっています。

しつもん仕事術の取材をしているとき、私が強く感じたことは

「ミヒロさんの講座に集まってくる人は、いい人ばかりだなあ」と

「お互いがとても強い絆で結ばれているな」ということでした。

その秘密を、ミヒロさん本人に聞いてみると

「認定講師(*現在は「認定マスター」)同士は、とっても仲良くなるんだよね」。


■魔法の質問で手に入ったもの、それは「仲間」

写真は、2018年、認定講師8期の仲間、しお(塩沢節子さん)の著書、発売イベントにて。

子どもの「考える力」が伸びる魔法の質問 マツダミヒロ・塩沢節子 著 PHP
同期生が、8名集まりました! 8期は特につながりが強く、再会のチャンスが多いのが特徴。

それぞれに活躍し、お互いに刺激を受けながら、しがらみのない素敵な人間関係を育てています。

ちなみに、認定講師になったのは、2012年秋。日本全国&上海から集まった同期生は、44名。

6年たった今でも親しく交流が続いているなんて、本当にすごいことだと思います。

もはや一生の友達、ですよね。

(8期生には、この合宿で出会って結婚したカップルがいます)


■魔法の質問から生まれたもの、それは新しい「使命」

私は、魔法の質問の3種類のコンテンツにおいて「トレーナー」をしています。

・魔法の質問キッズインストラクター

・質問カードマスター

・LOVEカードインストラクター

「講座を通して人に教える」そして「教える人を育てる」という立場です。

その力を活かして、2016年から、「笑い文字」の講師として活動、2018年には初級講師トレーナーになりました。

*笑い文字普及協会は、魔法の質問認定講師11期のメンバー、廣江まさみ氏が立ち上げています*

「執筆の孤独」から「人とかかわる・人を育てる喜び」へと、活動が変わってきています。


そして2018年。

魔法の質問が立ち上げた「問出版社」の活動がスタート。

一人でも多くの人が、自分の持つ宝に気づき、形にしていける。

それが問出版社の理念です。

かねてから「本の書き方を教えて」と請われていた内容をプログラムとして提供していく準備をしています。

まずは、自分の経験を踏まえ、書きたい人のヒントになる電子書籍

「儲けたかったら商業出版はやめなさい-ファンが1000人いれば幸せなビジネスができる-」(仮)を発表します。

どうぞお楽しみにお待ちください。

そう、私の人生は「質問」で変わりました。

仲間ができて人生が豊かになった、それは、「合宿」からなんです。

「魔法の質問」が、すてきな「仲間」をつれてくる。

あなたが新たなお仲間になることを、楽しみにしています。

https://1lejend.com/c/Y5ly/O1dT/o9FrE/