笑いヨガ(ラフターヨガ)は、現在、110カ国で行われています。

我が師である、笑い文字創始者の廣江まさみさんは、

世界で40人しかいない、笑いヨガマスタートレーナーのお一人
(笑いヨガを教える「ティーチャー:先生」を育てることのできる方です)

もともと、笑い文字は、笑いヨガの書籍へサインをしたことがきっかけで生まれています。

笑って元気! 楽しい笑いヨガ
奇跡の笑いヨガ仲間
http://amzn.asia/0tIKqe6

 

笑いヨガと、笑い文字は、深い関係があるんですよー。

笑い文字の講師に、笑いヨガのリーダーやティーチャーが多いのも

うなずけます。

「笑い」文字なので、よく笑う人、笑顔が素敵な人、が講師の条件。

もちろん、はにわが笑い文字の講師なのも「笑顔が素敵な人だから」なのであります!キャー!(*^▽^*)

これまでも「笑いヨガ、なさってますよね?」ってよく言われていたのですが
「実は体験したこともないんです」状態でした。

4月の犬島合宿と7月の立石マルシェで約30分体験したのみ。

ところが今回
笑い文字創始者であり、笑いヨガマスタートレーナーの

廣江まさみさん、直々に、みっちり1日笑いヨガ体験会をしてくださるというのです。

行ってきました、笑いヨガ!

最初は少しレクチャーがありますよ~。

ポイントは「フリ」だということ。

本当におかしいときって、そんなに長時間笑えないんだそうです。

フリで笑うと、ながーく笑っていられる。
笑うと、肺の空気を出し切って、フレッシュな酸素をたくさん吸い込めるようになるんです。

ヨガというのはもともとよい「呼吸」をするための動き。
それがポーズをとることであったり、笑うことであったりするのね。

ドクターカタリアの言葉。
「Know(知る)、Do(やる)、Be(なる)」

はい、フリを続けていると、どうなるか?
楽しいモードのスイッチがはいって
子どものように無邪気に「楽しーい」状態が発動します。
はい、笑点!「ざぶとん10枚! ハワイ行き~」

無理やり笑うのって、どうなの?

バカみたい。

それが何の役に立つの?

クールにふるまっていた己こそが、おバカさんだなあと、感慨深い一日でした。

笑うことで、脳の回路が変わります。

毎日、自分がご機嫌な状態で生きていける方法を知りました。

笑いヨガすごい。
これはもう、やるしかない。
笑い文字では「人のため」を思い、喜びを与えていくことを実践していきますが、

笑いヨガは、まず「自分だけを思う」「徹底的に自分を大切にする」ことだけに集中します。
シャンパンタワーの法則でいうと

「笑いヨガで自分を満たしてから」「笑い文字で人を幸せにする」という順番だなあと感じました。

笑いヨガ&笑い文字は、根っこが同じ。
人生を楽しく生きるヒントが詰まっています。

講師として活動すると、毎日が実践になるので、おすすめです。

笑い文字を書いてみたい・先生になりたい人はこちらから。

講座開催日程

笑い文字講師同志のつながりも熱く太く!
チーム伊東+埼玉の交流企画が発動しました~