オンライン講座

『電子書籍出版への道 “本の設計図をつくろう”』 ワークショップ全10回

実施時期
2020年8月19日から10週連続
第1期企画
くるみさわしずえ&はにー
名刺代わりに自分の本を、って言われるけど
わたしはどんな本を書いたらいいのかな?
Lafしなやか塾、くるみさわしずえさんの想いから生まれた勉強会です

(*2020年8~10月実施:この企画は終了しています)


Lafしなやか塾主宰の、くるみさわしずえです。

私は2020年の年末に本を出版することを決めました。

と言っても、
内容も決まっていませんが出版するって決めたんです!(笑)

そこで、お友だちの はにわきみこさんの著書
「出版は人生を変える」の本にある質問に答えて、本の設計図をつくろうと思ったのですが・・・
自分の答えが「これでいいの?」「これが書きたいのかな?」って思ってしまい、よくわからなくなってしまいました。。。

そこで、直接はにー(はにわさんのニックネーム)に連絡。

私:「はにー!私出版するって決めたんだけど、何も決まっていません!
でも今、収穫期で本まで手がまわりません。
ワークショップみたいにして数回に分けて取り組む方式でやっていただけませんか?」
はにー:『いいですよ~~~!!!』
と、快くお引き受けいただき、ワークショップ形式での開催が決定~!

“皆のために企画しました”
とカッコよく言いたいところですが
私のためです!
良かったらあなたも一緒に参加してみませんか?

はにわきみこさんは、通常「マンツーマン出版セッション」がメインで今回のようなグループ形式は特別なんです!
受講料もお友だち価格で対応していただけることになりました。
なんと、通常のマンツーマン出版セッションの10分の1です!(※Lafしなやか塾サロンメンバー価格)

ワークショップの内容は・・・
本の中身を書く前の、『本の設計図』をつくります。

設計図???
家を建てる前には、必ず設計図をつくります。
設計図があれば、完成して住んでいる様子がイメージできます。
そして間取りや配置がわかって、必要な材料をそろえることができますよね。

これと同じように、
本を書くときもその本の設計図があれば、
何をどんな順番で書くのか、そのためにどんなエピソードが必要なのかがわかるのです。

この設計図をつくるために
はにーさんのレクチャーを受けながら
自分はどんな本を書きたいのか?
伝えたいことって何だろう?
自分にしか語れない、人の心を動かすテーマは何だろう?
など、10回(各1時間)にわたって質問に答えながら進みます。

はにわきみこさんの著書「出版は人生を変える」を使ったワークショップ形式なので
レクチャー、シェア、アドバイスまでもらえる超お得な内容になっています。
さらに、参加者のシェアもヒントになります!


初対面でも「ファンになりました」
「もっと好きになりました」
会う前から、あなたの想いと在り方を
伝えらえれるのが、書籍です

こんな方におすすめします
・出版に興味があるけれど何から手をつけて良いかわからない方
・出版を決めていないけれど、興味がある方
・ブログを書き溜めているから本にできたら良いなと思っている方
・ひとりじゃ挫折しそうだけど、みんなとならできそうな気がする方
・コツコツ進めるのが好きな方
・忙しくて他に時間つくれないから、この時間に集中して取り組みたい方
・クライアントさんが出版するためにコーチも出版のことを知っておきたい方
・ブログやSNSでもっと自分の伝えたいことをうまく表現したい方
・「自分が出版なんて…」と思っている方こそ参加して欲しいです(byくるみさわ)

ワークショップ全10回が終わる、3カ月後には…

□書きたい本の方向性がかたまる
□書きたくなってワクワクしている

□自分を深く知ってもっと人に伝えたくなっている

□自分の人生のテーマが見つかる

□必要な人とつながるきっかけができる

□自分の過去のすべてのエピソードが好きになっている

□自分の言葉で語ることが好きになっている

といった状態が期待できます

【講師】はにわきみこ さん(作家、Amazon電子書籍プロデューサー)

会社員を経て28才でテクニカルライターに。

一般書デビュー作「たまらない女」は無名の新人ながらも8刷、メディア各種に取り上げられる超話題作となる。
書籍執筆、日経ヘルス本誌連載メルマガ編集長など活躍。
自著に「へこまない女」「親ががんだとわかったら」、編集協力作品にマツダミヒロ著「しつもん仕事術」「質問は人生を変える」など。
亡き父の物語を絵本にした「おれんちのうし」では作画も担当。
2020年、Amazonの電子書籍として日本語版、フランス語版、英語版、韓国語版をリリース。

Amazon電子書籍プロデュース作に、藤原優子「仕事と人生を考える質問面接対策講座」「短歌集さくら追い・Ⅰ~Ⅲ」、北川美絵子「心にも花を 」、関根えみこ「家族の願いが叶う魔法」がある。
現在、2作目電子書籍で自叙伝「へこまない女2020(仮)」を制作中。自分を語る自己開示型の作品を得意とする。

主催・お問い合わせ
Lafしなやか塾 くるみさわしずえ
info@lafsina.com

はにわ きみこ
haniwakimiko@gmail.com

開催日と内容(1回ごとの単発参加も可能です)


【開催日】全10回(水曜日)【時間】20~21時
【参加方法】オンラインzoom

各回とも3~4つの質問に答えながら進めていきます。

1)8/19■人生が変わったきっかけは何ですか?
2)8/26■あなたにしか書けないものはなんですか?
3)9/02■一言で言うと何をしている人ですか?
4)9/09■あなたの困りごとは何ですか?
5)9/16■本を出したら何が起こりますか?
6)9/23■明るく楽しくする演出はなんですか?
7)9/30■分かち合えるものは何ですか?
8)10/07■どのようにしたら新聞に取材されますか?
9)10/14■どんな人と二人三脚したいですか?
10)10/21■どんなことに喜びを感じますか?

※毎回録画しますので、後日復習することができます。
※欠席の場合も録画をみて勉強することができます。

【10回セットお申込み特典】

1)8月5日開催の『電子書籍出版への道~プロローグ~』
教えてはにー先生!「本出版のあんなことやこんなこと」zoomお話会動画プレゼント

2)Facebookグループにご招待
・各回ごとに気づきやシェアをすることができます。
・グループ内で、はにー先生に質問することができます。
・欠席の場合でもグループでのシェアがあるので安心です。

講師:はにわより、ひとこと


これまで25年間、出版業界でさまざまな作品づくりにかかわってきました。
今、Amazonで書籍を発表できるようになって、大きな可能性を感じています。
私の父の物語である絵本「おれんちのうし」は、日本語版を発表したら、フランス語版、英語版、韓国語版までが生まれました。
電子書籍というスタートが、出版社からの発売やドラマの原作になることも、夢ではありません。実用書、ビジネス書、エッセイ、絵本、フォトエッセイ、短歌集。さまざまな経験をいかして、あなたの作品作りに寄り添えたらと思います。
モットーは「先生だけど、友達だ」
ほめることしかしない先生です。
厳しい指導が好きな人は合わないかもしれません。
ほめられて伸びるタイプの人のご参加お待ちしています。

*2020年8~10月実内容:リクエストにより開催可能
お問い合わせは haniwakimiko@gmail.com

 

コメント

この記事へのコメントはありません。